鉄(+)旧JIS 丸皿頭 小ねじ

鉄(+)旧JIS 丸皿頭 小ねじ
丸皿小ねじ (旧JIS)(鉄)【別名:(丸皿小ネジ)(丸皿ネジ)】

鉄の丸皿小ねじです。
旧JIS規格ねじで、現行ISOねじ(新JIS)に比べてねじピッチが荒いです。

ISO規格(新JIS)と旧JISの規格のねじのピッチの違いは
下記の3サイズでそれ以外のサイズは変更がありません。(ピッチ)       
・M3 ISO規格(0.5) ・旧JIS(0.6)
・M4 ISO規格(0.7) ・旧JIS(0.75)
・M5 ISO規格(0.8) ・旧JIS(0.9)

■丸皿小ねじ (旧JIS)(鉄)の頭部寸法■
呼びの2倍です(M4の場合8mm)、皿角度は90度です。

■丸皿小ねじ (旧JIS)(鉄)の寸法■
ねじ径x全長mmから頭部の丸いふくらみの部分を引いた長さです。

■丸皿小ねじ (旧JIS)(鉄)の特長■
頭部は丸皿頭形状で、上部にふくらみがある皿頭で、頭部のひっかりをなくし、
化粧ねじとして外観が気になる箇所に使用します。
部材と平らにするため、材料に皿形状のザグリ加工が必要です。
ロゼットワッシャー(山型座金)と組合せて、盤関係に良く使用され化粧ねじとも呼ばれます。

※丸皿頭の穴は、十字穴、プラス(+)ドライバーで締め付けるタイプです。
表面処理 呼び
長さ/呼び M4 M5
10 M4 X 10 (p=0.75)
25 M4 X 25 (p=0.75)
数量を選択してカートに入れる