チタン メーター寸切(ミリネジ)

チタン メーター寸切(ミリネジ)
・頭のない総ねじで、長ネジ、全ネジ、寸切り等と呼ばれ、長さも標準である。

・使用時に必要な長さにカットして、調整用ねじやナットを頭部に溶接して長尺ロングボルトにしての利用もある。



●チタンの特長
・軽量--- 比重が4.51で鉄やステンレスの約60%、銅の約50%と軽い。

・高強度--- 比強度が鉄やステンレスとほぼ同じ強度、アルミニウムの3倍。

・耐食性--- 錆びない。強固な酸化皮膜により、海水では白金に匹敵し酸性雨にも優れた耐食性。
 
・無害--- 毒性がない。金属イオンの溶出がなく、人にも環境にもやさしいです。

・その他、加工し易い、非磁性、耐熱性、耐寒性、対疲労性、対摩耗性、熱効率が良い、着色加工容易、熱膨張SUSの約半分。



●ねじ山の種類
・ISO ねじ(表記M)--- 一般品(指定や記載が無い場合はこの規格になります)

・JIS ねじ(表記M)---M3〜M5まではピッチが違う(旧jisで古いねじ)

・ウイットねじ(表記W)---ぶねじ(インチ呼称)とも言い、建築、設備等一部で流通

・ユニファイねじ(表記UN)---アメリカねじ(インチ呼称)とも言い表記はUNC(並目)、UNF(細目)

・台形ねじ(梯形ねじ)---TMねじ扱いあり(XYテーブル、万力などに使用)

・角ねじ---標準品扱いあり(ジャッキ、圧縮プレスなどに使用)

・左ねじ---通常の右ねじと逆の左廻り(反時計廻り)に廻した時にその人から遠ざかるねじ



●ピッチ(山と山の間隔)について
・並目--- 一般品(指定ない場合はこの規格となります)(例M10=p1.5) 

・細目--- 並目より細かい(緩みとめ)(例M10=p1.25)

・極細目--- 細目より更に細かい(緩みとめ)(例M10=p1.0)


●製造方法 
・切削加工--挽き物・削り物とも言われ棒材を工作機械で切削工具を使用して加工する方法です。

・転造ねじ--ねじ面をもつ1組のダイスを移動させてねじ山を形成する塑性加工。


●材質
・鉄、ステンレス、真鍮(黄銅)、S45C、SNB7、樹脂製。



【注意】現品は商品画像と色が異なる場合がございます。

表面処理 呼び
サイズ 商品の有無
M3 X 1000 (p=0.5)(*) M3 X 1000 (p=0.5)(*)
M4 X 1000 (p=0.7)(*) M4 X 1000 (p=0.7)(*)
M5 X 1000 (p=0.8)(*) M5 X 1000 (p=0.8)(*)
M6 X 1000 (p=1.0)(*) M6 X 1000 (p=1.0)(*)
M8 X 1000 (p=1.25)(*) M8 X 1000 (p=1.25)(*)
M10 X 1000 (p=1.5) M10 X 1000 (p=1.5)
M12 X 1000 (p=1.75) M12 X 1000 (p=1.75)
M16 X 1000 (p=2.0) M16 X 1000 (p=2.0)
M20 X 1000 (p=2.5) M20 X 1000 (p=2.5)
数量を選択してカートに入れる