ねじに関する情報

様々な種類のねじがありますが、いったいどれを選んだらいいのか分からない方や、もっとねじのことについて詳しく知りたい方向けの情報を掲載しています。

表面処理について
表面処理について > 六価クロムフリー対応ねじ(三価クロムクロメート)

三価クロメートについて

ねじ業界でも、RoHS指令の対応早急に進む

RoHSの基準範囲を超えている電気製品(医療用機器及び監視及び制御機器は除外)については2006年7月1日以降EU地域への輸出が禁止となるため、RoHSの中でも 特にねじの業界にも、大きな影響を与える六価クロム対策が、各社早急に対応を進めている。

RoHS(特定有害物質使用禁止令)とは

(Restriction of the use of certain Hazardous Substances  in electrical and electric equipment)
EC95条に準拠した電気器具に含有する鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・ポリ臭化ビフェニール(PBB)、ポリ臭化ディフェニール(PBDE)の6物質の使用禁止の指令。

六価クロムとは

6価クロム化合物(クロム酸塩)は強力な酸化作用を持ち、めっきや各種の表面処理に多用されています。しかし、6価クロムは気化し易く、肺皮膚あるいは消化器官から体内に吸収され安く、人体に対して発ガン性や、胃腸炎、腎炎、皮膚接触によるアレルギー、皮膚炎等が挙げられます。
6価クロムに限らず水銀、鉛、カドミウムなどは世界的な環境規制の動きがあり,ねじ関係でも、亜鉛めっきのクロメート処理には、物理的損傷を受けても 自己修復するといった特性を持つ、6価クロムが一般的に使用されています。

現在ねじ業界でも、表面処理に多く使用されている有害の6価クロムに代わって、毒性の少ない「3価クロムメッキ」の代替え技術が進み、3価クロム塩を主成分とするため毒性は無く、廃水処理も簡単のため「6価クロムフリー」として主流となってきました。
将来的にはクロム化合物を一切使用しない「ノンクロム」処理と考えられます。

六価クロム代替メッキ
(1)3価クロメート(3価ホワイト)(3価クロムクロメート)の場合

今までのクロメートメッキ(黄色系)の代替メッキとして表面処理に多く使用されている有害の6価クロムに代わって、毒性の少ない「3価クロムメッキ」の中で代表的なメッキです。色調はユニクロメッキとほぼ同色の白色です。

「3価クロムメッキ」とは3価クロム塩を主成分とするため毒性は無く、廃水処理も簡単のため最有力の「6価クロムフリー」です。将来的にはクロム化合物を一切使用しない「ノンクロム」処理と考えられます。
尚素材のクロム(Cr)自体は無毒で、SUSに含まれるクロムも無害です。

(2)3価ブラック

★業界初! コート無しで、色調、艶、六価同等トルク係数、耐食性は白錆72時間以上維持
今までの黒クロメートメッキ(黒色系)の代替メッキ

表面処理に多く使用されている有害の6価クロムに代わって、毒性の少ない「3価クロムメッキ」の黒色メッキです。
「3価クロムメッキ」とは3価クロム塩を主成分とするため毒性は無く、廃水処理も簡単のため最有力の「6価クロムフリー」です。
将来的にはクロム化合物を一切使用しない「ノンクロム」処理と考えられます。
尚素材のクロム(Cr)自体は無毒で、SUSに含まれるクロムも無害です。

メッキ別六価クロム対象リスト

六価クロム・各メッキの種類別対象リスト

亜鉛や錫、アルミなどの比較的低融点の金属を溶解した層の中に商品を入れ、それぞれの金属皮膜を付着させる方法です。めっき層と品物との密着性が優れ、剥離が殆どなく屋外の構造物、面積の大きいもの、重量物などの耐食性・防食性に特に適している。

六価クロム含有メッキ
  • ユニクロメッキ
  • クロメートメッキ
  • ステンコート処理
  • 緑色クロメート
  • 黒色クロメート
  • 黒クロームメッキ
  • 青メッキ
  • ダクロダイズド
  • ラスパート(下地)
六価クロムフリーメッキ
  • 3価クロームクロメート
  • 3価ホワイト
  • 3価クロームクロメート
  • 3価ブラック
  • クローム
  • バフクロム
  • ステン黒色
ノンクロムメッキ
  • ニッケルメッキ
  • 無電解ニッケル
  • 黄銅メッキ
  • 本金メッキ
  • 黒ニッケルメッキ
  • パーカー処理
  • 銅メッキ
  • 茶ブロンズメッキ
  • DISGO
  • 溶融亜鉛メッキ
  • ハイブリットフロンコート
  • 二硫化モリブデン
  • 錫メッキ